創業塾

Top / 創業塾
創業塾は創業を行う起業家向けに開催される、商工会が行うセミナーで、
今回は埼玉県商工会連合会主催のセミナーに参加しました。

はじめに

創業をするにあたり、大切なことは

  • 顧客目線での価値創造と差別化
  • 選択肢の作り方と選び方 である。

しかしつまるところ

『当たり前のことを当たり前にやる』ということが重要である。

ニーズのつかみ方

顧客が口にしたことが全てニーズであるとは限らない。

  • こうしてくれたら良いのにな
  • こうしてくれないと駄目だ は大きく違う。

交渉の余地が本当にないのかということを見極めることは重要。

会社が危機的状況に陥るとき

会社が危機的状況に陥るのは、お金が回らなくなったときばかりではない。

本当に怖いのは

社員のマインド(モチベーション)が下がる。
社員が抜ける。
会社のパワーが下がる。

という内部からの人的崩壊は非常に危険である。

創業者に必要な観点

創業を志すときに、全ての準備を整えてからということはありえない。

  • 学びながら起業する姿勢

 全てを学び終えるということはない。

  • 考え方を常に進化させる努力
 以前の学びが常に正しいとは限らない。
 経営を取り巻く環境では常識も変化している。

創業者が大切にしなければならないもの

  • 夢  ・・・ ビジネスプラン
  • やる気・・・ モチベーション
  • 仲間 ・・・ ネットワーク

起業家に必要な10か条

企業の生存率

新しく立ち上がった企業は

生存率(%)
1年目72.8
2年目60.8
3年目52.7
4年目46.5
10年目26.1

のように推移する。

中小企業が大企業に比べて不足しているものは計画経営である。

しっかりとした計画を立ててリスクを正しくヘッジすれば

  • 起業は楽しい
  • 起業は面白い
  • 起業はやりがいがある